Treatment Menu Sport

野球肩やきゅうかた

リトルリーガーショルダー

名前の通り、野球をしている方が肩を痛めることを野球肩(リトルリーガーショルダー)と言います。

こんな症状はありませんか?

  • ボールを投げると痛い
  • 肩を回すと痛い
  • 物を持つと肩が痛い
  • 肩が寝ている時に痛む
  • レントゲンに異常がないと言われた

あなたの症状が1つでも当てはまったら野球肩(リトルリーガーショルダー)かもしれません。 野球肩(リトルリーガーショルダー)は投球動作の禁止だけでは症状が改善しないことも多くあります。

早期に改善する方法があります。

野球肩は野球をしている子に致命傷になる可能性が

野球肩になると投球動作時に痛みが出ます。

 

またその痛みを我慢してボールを投げることにより肩が上がらなくなったり、痛みをかばい投球動作に本来の正しい投げ方ではなく不適切な投げ方になってしまう可能性もあります

 

悪い投げ方を修正するのにはかなりの時間がかかります。

 

また投げ方が悪くなると肘などにも痛みが出る場合もあります。

 

 

そうなると肩だけではなく肘も回復しなければなりません。

 

小学生・中学生・高校生・社会人とどの年齢でも野球肩になります。

 

特に、骨や筋肉が出来上がっていない、小学生・中学生は多い症状です。

また、その時期はライバルとのレギュラー争いが盛んな時期にもなり痛みを我慢して選手生命にも影響することもあります

 

でもレギュラー争いなど激しい時期、体が成長していく大事な時期だからこそ私たちは身体を一番に考えてもらい目先のことだけ考えず、これから先のことを一番に考えてもらいたいです。

 

私たちもこの仕事をしていると、昔の痛みをほっといて大人になってからも野球をしたいけど全然ボールを投げることができない方をたくさん診てきました

 

だからこそしっかりと治して欲しいのです。

 

野球肩は適切な対処をすれば、痛みがなくなっていく可能性が十分にあります。

また当院では実際に投球をしてもらい痛みが出ないかなども確認していきます。

もし痛みが出て場合はどのタイミングで痛みが出るかなど細かに確認をしていき身体の症状を取っていきます。

野球肩の本当の原因は?

当院では野球肘は一番は筋肉が大きく関係すると考えています。

投球動作時のどこのタイミングで痛みが出るかが大切になってきます。

 

 

どこのタイミングで使われるかで筋肉が大きく変わってきます。

投球動作の痛みが出るタイミングでの筋肉に対して当院はより治療を施します

 

 

 肩関節は、360度動かせる自由度の高い関節で、本来なら、肩関節周りのたくさんの筋肉がきちんと伸び縮みしてボールを投げるのですが、何らかの理由でこれらの筋肉が十分に伸び縮み出来なくなり、肩の可動域が狭くなっている状態で、無理に投げる動きが繰り返されることで痛みが起きます

 

 

ですから、肩のレントゲンやMRIを撮っても、痛みの原因である筋肉の状態までは映らないため原因不明と言われることもあります。野球肩の改善のためには、筋肉の状態を柔軟にして、肩関節の可動域を広くする必要があるのです

ではなぜ、当院では野球肩に対応できるのか?

当院ではなぜ肩に痛みが出たのか、またその原因はどこなのかを徹底的に追い詰め症状改善につなげていき、実際に投げてみてどのタイミングで痛みが出るかなど確認し一人一人の症状にあった治療を施します。

 

また肩だけではなく、投球動作は体全身を使ってボールを投げるため全身を診て行きながら治療して行きます

 

今の肘の痛みを時間をかけて治していくのではなく、1日でも早く適切な処置を行い痛みが出ない身体にし野球に復帰しましょう。

当院の選ばれている5つの理由

① 院長も小学2年生から中学3年生まで野球をしており、野球肩・野球肘の経験もあり、患者さんの気持ちがわかります。

② 元メジャーリーガー松井秀喜選手の専属トレーナーの先生のセミナーに出席経験あり

③ 患者さん目線に立ちしっかりと症状の原因を説明します。

④ 一人一人にあった最善の治療を提案させていただきます。

Social

こちらもチェック!

ご予約・お問い合わせはこちらから!

エキテンで予約

エキテンで予約

メールで予約

ご予約・お問い合わせ

お電話で予約

0985-74-7643

LINEで予約

友だちを追加