Treatment Menu Sport

オスグッドおすぐっど

こどもの膝の痛み

オスグッドは小学生高学年から中学生ぐらいの子供さんの脛骨粗面という、膝の下の骨の腫れている部分に痛みが出ることが特徴です。

こんな症状はありませんか?

  • 走ると膝の出ている骨が痛い
  • 正座をすると痛い
  • 屈伸をすると痛い
  • 膝下の骨が腫れてきて押さえると痛い
  • 自転車をこぐと膝の出ている骨が痛い
  • 小学生・中学生のこどもが膝を痛がる
  • 正座すると膝に痛みが出る

なんでうちの子だけ膝の下の
腫れている骨に痛みが出るの?

膝に痛みが出ると
「こどもだから成長痛だね」
「運動を控えたら痛みはなくなるよ」
「骨の成長が追いついてないんだね」

と言われることがほとんどです。
本当に成長痛でしょうか?
本当に運動を控えたら痛みはなくなるでしょうか?
成長痛だから成長が止まらないと痛みは取れないよ。
それは本当なんでしょうか?

周りの子は成長しているのに

みんなヒザの痛みを訴えていますか?

膝は両足、同時期に痛めましたか?

もしくは片足だけではないですか?

ここで考えないといけないのは成長痛は本当なのかっていうことを考えなければなりません。
私はこれまでたくさんの膝に痛みが出た子を診てきました。

多くの子の親御さんが
「成長痛だから、時間が経つのを待たないといけないですよね?」
と言います。

大丈夫です。時間を待たなくてもしっかりと適切な施術を受けることにより改善していきます。

症状を知る

痛みを出す原因はひとそれぞれですが、多くの子が太ももの前の筋肉がカチカチになり

膝の下の骨を筋肉が引っ張り痛みを出す子が多いです。

筋肉は膝の下の骨にくっついているので骨が痛みを出しているのでは?と考える人が多いとは思 いと思いますが、

多くはひざの骨の骨膜(骨を覆う膜)・筋肉・靭帯などが痛みを出していることが多いです。

また、施術をしていくとその場で

痛みが軽減していくことが大いに期待できます

 

骨が剥がれているなど言われる方がいますが、骨が剥がれていた場合、その場で結果が変わることはまず不可能だと考えますが、その場で変化するということは骨だけの問題ではないとい うことが言えるのです。

他院と違うところ

今まで診ていてきた患者さんで大体の方がしている施術法を挙げます。

通常の施術
  • オスグッドバンドを作った。または買った。
  • 病院・整骨院等で膝に電気を当ててもらっている。
  • シップを張っている
  • アイシングをしている。
  • 太ももを指でマッサージしている。

膝を痛めている子の大半がこのような施術を受けているといいます。

本当に適切な施術法なのでしょうか?

もしかしたら今あげたことにより痛みを長引かせている可能性は大いに考えられます。

当院では、膝が痛いからといって膝だけを診るわけではありません。

当院の施術
  • 体全体を診て施術していきます。
  • 痛みがでるような触り方はしません。
  • しっかりと根本的な原因をお伝えします。

からだ全身を診ることにより、カチカチになった太ももなどが柔らかくなり痛みが改善されていきます。

また、痛みが出る触り方は絶対に行いません。(指で強い圧によるマッサージ・痛みがあるカカトをマッサージ)

 

なぜなら、痛みを与えてしまうと、からだは本能的に筋肉を硬くして防御します。

防御することにより、もともとカチカチだった筋肉がより硬くなってしまうです。患者さんは安心して施術を受けられます。

 

今からできることは何か

まず、オスグッドの痛みを早期で取るには、からだが治る環境を整えてもらわなければなりません。

これからのチェック項目に当てはまるものは全て禁止することを勧めます。

運動

痛みが出るほどの強いマッサージ

アイシング(膝を冷やす)

シップ・痛み止め

このようなことが膝の痛みを長引かせている可能性もあります。

1番大切なことは痛みを放っておかないで施術をすることです。

Social

こちらもチェック!

ご予約・お問い合わせはこちらから!

エキテンで予約

エキテンで予約

メールで予約

ご予約・お問い合わせ

お電話で予約

0985-74-7643

LINEで予約

友だちを追加